2011年09月07日

2011夏東京7days・6日目

8月31日

目覚めると、既に同室の皆さんは朝食に出かけ、部屋は閑散としていた。
大慌てで部屋に残ってた方とシーツを片づけ、荷物をまとめ、隣の作業部屋に向かう。
やっぱりどうも、遠くの方に昨日の疲れがいる気がする。

作業部屋ではNEXT LEADERS MEETING(以下NLM)メンバーがすでに準備に大忙し。
とりあえず朝ごはんを分けてもらい(ありがとうございます)、早々と会場へ向かう。

会場に着くと既にスタッフが何人か集合済み。
その中に・・・おっ!LAMBの直樹が。約10ヶ月前静岡駅で別れて以来の再会。
「よっ!」とポーンと肩をたたくと、彼は驚きの表情を見せた。

やがてかっちゃんも到着し、朝礼にしれっと混じって会場設営をお手伝い。


20110907_1.jpg


そして10時を過ぎたころ、NLMの幕が開いた。

今回は4つのミッションが設定され、僕は「災害FMを通じて子どもたちにできること」に参加。
もともとラジオが好きなこともあって、惹かれるものがあった、という理由だった。

ところがそれは根底から覆されることになる。


20110907_2.jpg


っと、その前にオリセンのカフェテリアでランチ。ここいいね。
なんか、これ食べるためだけにオリセンいってもいいよなー、とか思った。
あと、雰囲気が大学の学食のそれっぽかった。下手すればウチの大学以上に「学食」だった。

そして午後からのディスカッション。ここで大きく方向転換することとなる。
とりあえず災害FMを通じてできることはないか、と意見を交わしていたが、
「それはできない」
「それも難しい」
と、現地、宮城の南三陸町から来られた災害FMを運営している和泉さんが難色を示す。

災害FMというものは、南三陸町の防災無線が津波で流されたため開局されたものである。
そのためコミュニティFMと違い基本行政で運営しているので、色々と制約が多いというのだ。
ついには「災害FMを使って何かをする、ということは難しい」という結論に至った。

僕は恥ずかしく、かつ失礼なぐらい、現地の状況を何もわかっていなかった。

結局、災害FMから方向転換し、新たな物流・情報モデルの開拓という話に。
ある程度形になり、この後行われる発表者も決まり、5時間ほどのディスカッションが終了。

討論が終わったときにはすでに夕方5時になっていた。

4チームの発表も終わり、拍手をしていると、急に目の前につんのめる感覚があった。
あれ今のなんだ?ひょっとして地震?
にしてはみんな平静だし、その場も「大丈夫ですか?地震ですかね?」で済んだ。

ちなみに感覚はやっぱり地震で、僕がいた渋谷区では震度3だったらしい。
改めて関東の人々の地震に対する耐性にびっくりした。

そしてNLMの第1部は終了。
9月7日の第2部には参加できないので、今日1日過ごしたメンバーと名刺交換。
またの再会を約束してお別れする。

その後NLMスタッフのプチ反省会にもお邪魔して、最後に記念写真を撮って、撤収。
こうして、22時間お世話になったオリセンを後にした。

ご飯に行こうぜ!ということになり、参宮橋駅の近くの庄やに入る。
今日は東横線沿線の直樹の家にお邪魔することになっていたので、そんなにゆっくりはできない。
けど、今日が東京最後の夜。
ここであっさりメンバーとお別れするのはやっぱり、寂しかった。

激しく喉が渇いていたので、ガラナサワーがたまらなくうまい。
と、最終電車の時刻を調べようと乗り換え案内を開くと、とんでもない情報が目に入った。

「東急東横線・みなとみらい線は、綱島駅で発生した人身事故により運転を見合わせています」

!?

「直樹!えらいこっちゃ!東横線人身事故で止まってる!」
「まじ?」

今度はTwitterを開くと、先にオリセンを出て東横線に乗ったメンバーから
「人身事故で東横線が止まっている」
というツイートが続々と来ている。

まずい。というか、2日連続やないか。

とりあえず1時間そこそこで庄やから撤収し、早い目に参宮橋駅に行く。
電車を待っていると、なんとさっき別れたはずのメンバーも続々とやってきた。
結局は同じ電車になるようだ。

やってきた電車に乗り、下北沢でメンバー全員が降りて、ここで本当のお別れ。
「ありがとうございました!また東京来ます!」
とひとりひとり力強く握手を交わし、我々は渋谷へ向かう。

渋谷まで一緒だったMemoryのメンバーさんともお別れし、ここからは直樹とふたり。
そして、いよいよ問題の東横線である。

切符を買って改札に入ると発車ベルが鳴っている。どうやら元町中華街行きが出るようだ。
まだ終電までちょっと時間あるから次あるだr・・・あれっ、次菊名行き!?
で、その次はもう電車がないだと!?!?

菊名行きではたどり着けない。

「直樹、乗るぞ!」
「え、でもこれ終電じゃないでしょ?」
「いや、次菊名行きで、その次もうなかったよ」

なんとか2人して飛び乗ったが、当然のごとく車内は大混雑である。
さらに中目黒の駅で地下鉄を待ったのでますます混雑は増していく。

中目黒、自由が丘、田園調布、日吉、とまあ「憧れでしかない」駅をどんどんと通過。
そして、ぎゅうぎゅう詰めの電車の中で、9月を迎えた。

何度かホームに降りて降りていく客を通して行ったりしながら、ようやく下車。
しかしその間に渋谷行きの電車と何度すれ違ったか。
途中で日付も変わってるのにこんなどんどんすれ違っていくとは。

途中コンビニに寄ってから、直樹宅に到着。
ふたりともNLM関連の作業をしつつ、寝たのは3時ごろだった。

ついに、明日、僕は東京を離れる。


明日、感動!?の最終回!
posted by Shun at 23:48| Comment(0) | 遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。