2011年09月08日

2011夏東京7days・最終日

9月1日

いよいよ、東京最後の朝。
前夜3時就寝と割と遅かったのに、9時半にはすっかり目が覚めてしまった。

で、直樹はといえば・・・まだ寝ている。

前日もろくに寝てなかったみたいだしな、とそっとしておくことにして、PCを立ち上げた。
結局直樹が起きてきたのは11時半ごろ。
考えてみれば、こんなにゆっくりとした午前中を過ごしたのは久しぶりな気がする。

正午過ぎに直樹の家を離れ、いよいよ東京滞在最終日がスタートした。
もうあと4,5時間後には東京を離れなければならない。寂しい。

とりあえず神奈川大学に行ってみることにした。
そして、あいていれば神大の学食でランチでも、ということに。

初めてやってきた神奈川大学。
所属する学生団体LAMBのメンバーのホームはこんな所か、と思わず圧倒される。
おかげで、構内で写真を撮るのをすっかり忘れてしまった。


20110908_5.jpg


で、学食はちゃんとあいてたので、ランチにした。
チキンソテーとごはん。
うちの学食にはこんなメニューないので、羨ましいなあと思いながら食べた。

いくつかのキャンパスを巡って、神大から撤収。また機会があったらお邪魔したい。

駅まで向かう途中、なんとLAMBの信田くんにばったり遭遇。
彼は前日のNLMでカメラマンとして参加していたのだが、ゆっくり話す機会がなかった。
まあこのときもゆっくり話せなかったが、「また来た時に!」と握手してお別れ。

いやー、びっくりしたなあ。

そんなことがありながら、駅に到着。ここで直樹ともまたの再会を約束してお別れである。
握手しながら、「またいつでも来て!」という言葉が嬉しかった。

色んな人に出会ったこの旅も、ここから先は旅が終わるまでずっとひとり。

横浜駅から18きっぷで入場し、東海道線でとりあえず東京へ向かう。

ところで、僕は「コロプラ」という位置ゲーをやっている。
各都道府県で市や区ごとに分けられたエリアで位置登録して、一定数集まればスタンプが貰える。
で、今回の旅で位置登録しまくった結果、東京都スタンプがあと少しで貰えることで判明。

スタンプを貰うにはあと3つのエリアで位置登録すればよい。
できるだけ23区内がいいなあ、と未踏破エリアを確認すると、板橋・大田・台東・文京の4区。

板橋区は池袋の向こうなので今からは厳しい。
が、残りの3区は余裕で東京駅から近い範囲内だ。しかも大田区に至っては通り道じゃないか。

東京駅に着くと、その足で中央線ホームへ向かった。
中央線に乗って御茶ノ水へ向かい、さらに各駅停車に乗り換えて水道橋で降りる。

水道橋駅は千代田区。しかし神田川を渡って東京ドームへ向かえばそこは文京区だ。

あっさりと文京区で位置登録を済ませたら、ゆっくりする暇もなく台東区へ向かう。
秋葉原で京浜東北線が先に来たら上野へ、山手線が先に来たら御徒町で位置登録することにした。

そして、先にやってきたのは京浜東北線。

この時間の京浜東北線は快速なので、御徒町をすっ飛ばして上野に到着。
ここでさっと位置登録して台東区も踏破。残りの大田区は帰りの東海道線で位置登録しよう。
上野駅滞在時間約1分半で速攻折り返す。

これで、あとはもう帰るだけだ。


20110908_1.jpg


この1週間、散々お世話になった山手線とも、しばしのお別れである。
旅行中、何度も「逆回り」という手で僕の暇をつぶしてくれた山手線。ありがとう。

NEWDAYSで土産とこれから先の食料・飲み物を買いこんでおき、ついにこの時が来た。


20110908_2.jpg


東京駅16時22分発、東海道線・沼津行き。

この電車で、ついに、僕は、1週間滞在し愛着もわいた東京の地を離れる。

品川を出て、大田区に入ったのを見計らってすかさずコロプラで位置登録。
無事大田区も踏破し、東京都のスタンプを手に入れることができた。

これで、もう、東京に未練はない。

電車は多摩川を渡り、神奈川県に入った。

・・・と同時に、いつのまにか寝てしまっていたらしい。
強烈な尻の痛みで目が覚めるとそこは国府津だった。
台風のせいだろうか、海が若干荒れている。

そして日も暮れてきたころ、沼津に到着。ここはもう関東でもない。
次に乗るのは浜松行き。後ろの方に乗ってたら、けっこうホームを歩くことになってしまった。


20110908_3.jpg


車中で読んでいたのは、昼間神大で貰ってきたフリーペーパー。
載っていた神大生みんな目がキラキラしてて、楽しいキャンパスライフを送ってるように見えた。
うちの大学でこういうフリーペーパー発行されてたら同じような目に映るのかなあ。

すっかり夜も更けた21時、浜松に到着。
ここから先乗り換えるのは・・・なんと、大垣行き。

つまり、東京から岐阜まで、沼津と浜松で乗り換えるだけで着いてしまう。
しかも、沼津で約5分、浜松で約15分と接続もまあまあ良い。
まあ裏返せば、約7時間ひたすら電車に乗りっぱなし、ってことなんだけど。

浜松からの大垣行きでも軽く寝ていたのだが、やはり猛烈なお尻の痛さで目が覚めた。
豊橋のあたりだったと思う。
ここから先は、無理に寝ようと思っても全く寝られなかった。

ちなみにこのお尻の痛さ、かなりな重症だった。
どう重症だったかは、これを読んでいる皆さんの想像にお任せしておく。
とりあえず帰宅した後のある日、とあるハプニングで大絶叫したことだけ書いておこう。

話が逸れた。

23時。電車は名古屋に到着した。
そろそろ終電も近いこともあって結構混んでくる。
と同時に、この旅もいよいよ終わりを告げる時が訪れている。

深夜の木曽川を渡り、岐阜県に突入。
そして、東京を出発してちょうど7時間後、ついに、岐阜に戻ってきた。


20110908_4.jpg


5泊6日という、人生で一番長い旅の終わり。

もう何からまとめればいいのか全くわからない密度の濃い1週間だった。

ちなみにこの旅の間、泉麻人さんの「東京検定」という本を行きと帰り2度も読んでしまった。
おかげで、ますます東京の魅力にひきこまれたし、また今すぐにでも東京に行きたい。
あの仲間たちにも会いたいし、東京の文化と街に溶けていたい。

やっぱり東京、というか首都圏は不思議で、おもしろい場所だ。

今回泊まらせてもらった土井ちゃんにも直樹にも、嬉しいことに
「いつでもまた来て!」
と言われたので、またお邪魔しようと思う。本当に、ありがとうございます。

あと、ネットカフェ1泊がそんなに苦じゃなかったので、もっと別の場所を旅したい!
とも思った。

今回の旅でお世話になったすべての皆さん、本当にありがとうございました。
7日間にわたってこんな長文かつ自己満足な日記を読んでくださった皆さんにも感謝。
そして、東京をはじめとしたお世話になった首都圏の街に、感謝。

また行くよ。


完。
posted by Shun at 21:17| Comment(0) | 遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。